痛くない!怖くない!本当に楽になる!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”しゃっくり” で ”ビックリ”

私の経験 “シャックリ“で ビックリ   
この、整体、カイロプラクティックなどの技術を習ってもう22年になる。
この22年の施術活動の中で、最高に焦った、最高に感激した、忘れられないことがある。

今から7年ほど前になろうか。
60歳代後半の男性。肝臓が悪く、よく身体に湿疹が出る人だった。
奥さんはときどき施術を受けてくれていた。

「主人がシャックリが止まらない、何とかならないだろうか」という奥さんからの電話。
三日前からだという。病院にも行ったけれど止まらないという。

私は、“シャックリが止まらない”という症状で施術をしたことはなかった。
「実は私、始めてのことだけれど、なるか、ならんかわからんけれどやってみましょうか?」
といい格好をしてしまった。

その時は、これも勉強だと思った。
怖いもの知らずだったと今思う。

背骨の何番かが関係しているということだけは知っていた。
あわてて資料をあさった。

“シャックリ”が止まらなければ死に至ると聞いたことがあった。
しかも<3日も続いてるなんて、大丈夫か?>という不安もあった。

格闘すること30分くらいだったかなあ。私にとっては長かった。
ここでも? ここでも? とまらない!!
あーでもない? こうーでもない? やっぱり止まらん!!

私、汗びっしょり。
奥さんは、気の毒そうな顔して、じっと待ってる。

<何とかしなければー。
神様、頼む、とめてー。
お願い、とまれ!> 心の中で祈った。

しかし、<ああー、やっぱり私には無理だった>、
と諦めかけた。そのときだった。


「あーっ! 止まった!」と男性が言った。

「えっ、 うそっ?」と私。
「止まった!  はあア―っ、 ほんとに止まったー」 と男性

(信じられない)と3人が互いに顔を見合わせた。

「早よう、帰って。」
「復活せんうちに早よう、帰って」。と言って笑った。

未だに復活したという連絡はない・・・

“シャックリ”が止まったあ?。それとも止めたあ?。
偶然か? 訳わからん!。  
でも拍手、拍手。

(もう二度といい格好はしないぞ)と誓った一日でした、今も誓っている。


しかし、??
“シャックリ”が止まったことは最高にうれしいことだったが、
いろいろやったので、どの位置を触ったから止まったのか、
どうしたから止まったのか、わからずじまい。
泣くに泣けない、笑うに笑えない。
“シャックリ“と聞いただけで寒気がする。
肩こったよーう。





スポンサーサイト
いらっしゃいませ!
只今の時間!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ひめのこまつ

Author:ひめのこまつ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。